スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/24(Tue)

An Emblem of Love 4

段染め糸が触りたくなったので、Quakerを刺し進めています。
鳥さんのモチーフと、真ん中の"An emblem of love"の部分が出来上がりました~。
布が、だいぶ賑やかになってきて、刺していて非常に楽しいデザインです♪
布がシワシワなのは、目をつむってください~^^;

An Emblem of Love_20080624_1


Copyright 2005 Ellen Chester With My Needle


鳥さんのモチーフ、めちゃ可愛いんですが、木の部分のグラデーションがはっきりしていて
とても同じ茶色とは思えない・・・(汗)
枝の方へ行くにつれてグレーっぽい色なので、枯れ木に見えて、
刺しなおすことも考えたのですが、
それもアレ(ちょっと面倒だった・・笑)なので、このまま突き進んでいこうと思います~。

ここまででチャートの5分の3(?)は出来ました。
あれ?このままいけば年内に完成できるかも~?
(←断言できないところが、私だなぁ~と思うのですが(笑))
完成できたらいいな~♪(なぜか願望に・・・笑)
スポンサーサイト
23:02  |  With My Needle  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/16(Mon)

PRAIRIE SEASONS ~Summer~完成

PRAIRIE のSummer出来ました♪
四季の中で、こちらが一番気に入っていたので、
特に詰まる(飽きる?)ことなく、さくさくさく~っと完成しました。



 お家そのものは、
 春の方が好きでしたが、
 お庭は、コチラの夏が
 一番好きです。

 今回は、目立つ間違いも
 ないはず!
 (←と自信満々に
   言っていいもの
   なのか・・・(;´▽`A``)


Copyright 1995 The Prairie Schooler, INC.
   №50 PRAIRIE SEASONS "Summer"


相変わらず、100均額。。。お見苦しくてスミマセン~。


さて、この一人SEASON
ステッチPJも残すところ
あと一つ「秋」のみです。
秋が終わったら
(←気が早い?笑)
次のPRAIRIEは何を刺そう~♪

PRAIRIE は大好きなので、
定期的(?)にちょこちょこと
ステッチしていきたいと思います。

Copyright 1995 The Prairie Schooler, INC.
№50 PRAIRIE SEASONS "Spring & Summer & Winter"

23:30  |  Prairie Schooler  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/12(Thu)

Wizard of OZ 22 ~額装~

先日完成したOZ、
額装をお願いしていたのが、出来上がり、私の元へ帰って来ました~。


Copyright Heaven and Earth Designs 2005
Copyright Scott Gustafson 2005


すったもんだした挙げ句、
額職人のおじさん任せにしてしまい、ちょっと不安(←オイ!)だったのですが・・・
 
額縁は、写真ではわかりにくいかも・・・ですが、薄いピンクの混じったシルバーになりました。
ピンク大好きとしては、とても嬉しかったですが、
自分で選んだら、この配色は出来なかっただろうなぁ~。
でも、額縁が主張しすぎず、マットの周りの金縁が絵を引き締めてくれているので、
非常に良い感じに出来上がったわ~と大満足
実はまだ飾る場所を決めていないので、
当分は、額を持って家の中をうろうろ~とすることでしょう(笑)。

これで本当に完成したんだな~と実感が持てそうです。 
次のHAED・・・・・・は実は、もう開始していたりして・・・
近々、UP予定です~。
21:08  |  Heaven and earth designs  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/07(Sat)

エスカ風(?)バラの刺繍糸収納箱

フレメの花糸・・・
全色セットを購入してから今まで、購入した際のナイロン袋に放り込んだまま
糸の仕分けすらもしないままで、放置されていました(←罰当たり・・・)

で、せっかくなので、以前刺したフレメのバラで
花糸が整理できる箱を手作りしよう!と
無謀にも初めての布箱作りにチャレンジしてみました。
フランス風であれば「カルトナージュ」と言うようですが、
今回は、デンマークの布箱なので「エスカ」と言うのが正しいようです。
が・・・私の作った布箱は、とてもとてもエスカとは言ってはいけない代物なので(←怒られる^^;)、
「エスカ風バラの布箱」ということに(笑)

製図から自分で行ったため、
いろいろと突っ込みどころが満載(チャレンジすることが大切!よね?笑)ですが、
元々工作が大好きなので、非常に楽しく出来ました♪
しいて言えば、台紙のカットがメンドクサイδ(⌒~⌒ι) とほほ・・・

今度は可愛い雰囲気のカルトナージュ、できれば凝った箱を・・・
作れたらいいな~♪(←相変わらず、妄想大好きです)

・・・これをご覧になられた方は、どうか
細かなところには目をつぶってくださいませ~(>人<;)

バラの箱_1



Copylight HAANDARBEJDETS FREMME Danmark 2002
Book Roses(Cross Stitch Of The Year:2002)
Design Verner Jul Andersen


バラの箱_2

 箱を開けると・・・こんな感じ・・・

 花糸全102色がちょっと余裕の
 ある感じで収納されています。

 今後、キットを刺したりしたときに
 余り糸が出るだろうと思い、
 ちょっと余裕があるように作りました。

 この写真ではわからないですが、
 箱の中は3つに仕切られています。





バラの箱_3

最後になってしまいましたが・・・
布箱を作るときに参考にさせていただいた本です。

近藤佳代 著
「デンマークに昔から伝わる刺繍のある小箱」


いろいろなタイプの布箱の
作り方が初心者にとても
優しく書かれています。
私が持っているエスカの本は
これ1冊で、
あとは読めない(笑)フランス語のカルトナージュの本のみですが、
これだけで十分でした。
初めて、布箱を作ろう!という方にはとてもオススメな本だと思います。



02:30  |  Fremme  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06/04(Wed)

The Shores of Hawk Run Hollow 5

先日HAEDを完成させてから、少し気が抜けて、
ステッチがなかなか進みません~。。。
でも針は毎日もっていた(←かるーくステッチ中毒?)ので、
「The Shores ~」、ここまで進みました~。

色白人魚さんのブロックは完成して、
カラフルお月様の4つ目のブロックを刺しています。


「The Shores of Hawk Run Hollow」 "Block Three & Four"
Copyright Carriage House Samplings,2008


この4ブロック目は半分が英文で構成されています。
↓が全文になります。
「The moon above Will guide my Love While
He's at sea Away From me」


英語がとっても苦手なくせして、正しい意味が知りたい私・・・
当然、自分の訳が怪しいと言うか、信用できないので
翻訳サービスを利用させていただいたのですが・・・
いまいちな翻訳をしてくれるので^^;
結局よくわからなかった・・・(涙)

いろいろ考えた結果、私は↓のように訳したのですが
はたして、これであっているのでしょうか・・・?
「彼が私から遠く航海している間、頭上の月が私の愛を導くでしょう。」

もし、間違えてるよ~という事でしたら、
是非正しい意味を教えていただけると嬉しいです♪
00:15  |  Carriage House Samplings  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。